educoの由来

IDENTITY

団体名educo(エデュコ)の由来と想い

進学した大学内での教育学科の通称が「エデュ」でした。

どうしてか先輩に尋ねると、「英語で『教育』はeducationだからだよ。語源はラテン語で「引き出す」という意味があるんだよ」と言われました。

キャリアに悩み、キャリア・コンサルティングの勉強をする中で「他者の多様な生き方、働き方を認める大前提に、まずは自分で自分自身を認めることが大切だ」と思うようになりました。人はそれぞれ自分のいい部分や大切な価値観を持っていて、それを社会や他者の望む形に無理をしてまで変えなくてもいいのです。

高校生が持っているものを高校生自身が気づけるように、「引き出す」お手伝いがしたい。そのような成長の機会を世の中に提供していきたい。英語の「co」には「共に、いっしょに」という意味があり、これらの想いから「edu」に「co」をプラスした「educo(エデュコ)」を使うことに決めました。

変化の激しい社会を生きていく高校生が自分を認め自分の人生を切り開いていく意志を持てるよう、エデュコは寄り添い、共に歩み続けていきます。